a1180_002938

 

腹筋運動をしてウエストダイエットをするという方法があるようです。腹筋は、お腹、わき腹、下腹の筋肉を鍛える運動によって、引き締まったウエストになるというものです。どんな人でも気軽に行うことができる腹筋運動は、とくに知識や技術はいらないものです。ダイエットを目的として腹筋運動に取り組んでいる人はたくさんいますが、自分の期待したウエストどおりに変化はあるのでしょうか。

 

腹筋といえば、多くの人が仰向けに寝た姿勢で足首を固定し、上体起こし運動を行います。この方法は腹部の筋肉を鍛える方法としては効率が悪く、逆に腰を痛めてしまう危険性があります。ダイエットが目的で腹筋運動をする場合におすすめの姿勢は、仰向けで膝を三角に曲げて、床に腰をくっつけるというものです。息を吐きながら、背中を半分ぐらい床から持ち上げる運動を行います。単純にまっすぐ持ち上げるだけではなく、上半身を丸めるような感じでゆっくり行うものや、上半身をねじるような感じで行うものもあります。

 

筋肉のどの部分を鍛えることができるかは、運動方法によって違うものです。ウエストダイエットの効率が高い腹筋をするには、動作をゆっくりと行うこと、筋肉の動きを意識しながら体を動かすことです。ダイエット効果を引き出すには、継続が重要です。三日坊主で終わらせないこと、長続きさせることがウエストダイエットでは重要です。