走塁のルール

| 未分類 |

打者がボールを打った後フェアであれば一塁に向かって走ります。その際は本塁と一塁の中間地点から一塁側半分にに設けられたスリーフィットレーンを走らないといけません。

 

これは走塁による守備を妨害しないためにあるルールなので守備の妨害にならないように走るのならばスリーフィットレーン外を走ってもかまいません。

 

塁に出た走者は塁から離れた状態でタッチされたらアウトになりますが、ヒットを打った後1塁を走り抜けることは許されています。
二塁、三塁を走り抜けてしまった場合はタッチされたらアウトになります。
しかし一塁から二塁に行こうとして走り抜けた場合は塁から離れたらタッチでアウトになります。
これをオーバーランと言います。

 

打 者がフライを打ち上げた場合はそのボールを守備側の選手がノーバウンドで補球するその瞬間塁上の走者はフライを打ち上げる前にいた塁にふれていないといけ ません。もし打者がボールを打った瞬間に走り出してしまっていたら塁に戻るまでの間に体か前にいた塁にタッチされてしまったらアウトになります。
なのでフライの場合は元にいた塁にいちど戻らなければいけません。