投手

| 未分類 |

投手(ピッチャー)とは、打者に対して投球する選手です。

 

投手はアウトを奪うために、投球にバットを当てさせずにアウトをとり、三振を奪ったり、逆に投球を打者に打たせて、打者のタイミングをずらしたり、バットにしっかり当てさせずにゴロやフライを打たせたりします。

 

単純に同じところにまっすぐ投げているだけでは、簡単に打たれてしまうので、ピッチャーはストライクゾーンとボールゾーンのいろいろな部分にボールを投げ分けます。これを配球、コントロールすると言います。

 

さらに同じ箇所に投げる時にもボールのスピードに変化をつけたり、上下左右にボールが変化するよう様々な種類のボールを投げなくてはいけません。

 

この投げるボールの種類を球種といいます。

 

球種

 

ストレート:ピッチャーの基本となる投げ方で、変化せずまっすぐ進みます。
一番スピードがでます。

 

カーブ:右投げのピッチャーの場合は左、左投げのピッチャーの場合は右に曲がる球種です。

 

スライダー:最初はまっすぐすすんで、バッターの近くで地面と水平にスライドする球種です。

 

シンカー:最初はまっすぐ進み、バッターのちかくでボールが回転しながら落ちる球種です。

 

シュート:右投げのピッチャーは右に、左投げのピッチャーは左にまがる球種です。

 

チェンジアップ:ストレートと同じように投げるのですが、球種を遅くすることによってバッターの打つタイミングをずらす球種です。

 

フォークボール:ボールに回転をかけずに、バッターのちかくでボールをストンと落とす球種です。

 

ナックル:ほぼ無回転で投げる球種で、ボールに回転がかかっていないため、そのときの状態によって変化の仕方が異なる球種。多くの場合はバッターの近くでふらふらと不規則に揺れながら落ちます。