外国為替市場は、英語で表記するとForeign Exchange Marketとなります。外為市場というように省略されて言われることもある外国為替市場は、外国為替の取引が交わされるところをまとめた呼び名です。市場という表現には、大きなところに集まって売買を交わす印象があるかと思います。実際のところは、外国為替を扱う銀行と直接取引をしたり、仲介業者を通していたり電話やインターネットなど電子機器を使って行われています。

 

外国為替市場というのは、こうした為替の取引と取引をつなぐネットワークのことを総じて呼んだ呼称です。外国為替市場は、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、チューリッヒ、フランクフルト、香港、東京など、世界の主要な都市をつないで開かれています。このため、外国為替市場は世界中で24時間常に動いており、いつどこにあっても取引できます。外国為替市場はどんな取引をしているのでしょうか。外国為替という名称を見ても分かりますが、外国為替市場では2つの国の通貨同士の交換をしています。

 

円とドルで考えると、アメリカからある商品を輸入する時の支払いに外国為替取引が関係してきます。外国為替市場で円高が進み、ドル円のレートが1円高くなった場合、それだけ円による支払いが少なくできることになります。外国為替市場で決まる為替レートは24時間休むことなく上下動しています。市場に関係する銀行や投資家のほか、輸出入関連の企業などもレートには関心を払っているのです。