打者のルール

| 未分類 |

打者はバッターボックスの中から打つように決められています。
たとえ、片足でもボックスからはみ出してはいけません。
ただし、ボックスのライン上なら大丈夫です。
また、バントの時など打球に飛びつくようなかんじで打ちますが、打ったときに足が地面についていなければ問題ありません。
バッターボックス外の地面に足がついた状態で打ってしまったら打球がフェアかファールでも打者はアウトになります。

 

あと打順は試合前に決められた順番を守らなければいけません。
もし、打撃順とおりに打たなければ・・・
・打撃後に指摘された場合は打撃がたとえホームランだったとしてもアウトになります。ただし、アウトになるのは打った選手ではなく、間違えられた打っていない選手です。
例えば、6番打者が打つべき場面で7番打者が打ってしまった場合は6番打者がアウトになり、7番打者が引き続き打席にたつことになります。
・バッターボックスに打者が入っただけの状態、あるいは誤った打者の打撃中に指摘された場合はそのままの状態で正しい順番の打者と交代します。

 

前者の場合は必ず打者がアウトになるので、相手チームの間違えに気がついたらそのバッターの攻撃が終わるまで黙っていたほうが得策になります。