» 未分類のブログ記事

外国為替市場は、英語で表記するとForeign Exchange Marketとなります。外為市場というように省略されて言われることもある外国為替市場は、外国為替の取引が交わされるところをまとめた呼び名です。市場という表現には、大きなところに集まって売買を交わす印象があるかと思います。実際のところは、外国為替を扱う銀行と直接取引をしたり、仲介業者を通していたり電話やインターネットなど電子機器を使って行われています。

 

外国為替市場というのは、こうした為替の取引と取引をつなぐネットワークのことを総じて呼んだ呼称です。外国為替市場は、ロンドン、ニューヨーク、シンガポール、チューリッヒ、フランクフルト、香港、東京など、世界の主要な都市をつないで開かれています。このため、外国為替市場は世界中で24時間常に動いており、いつどこにあっても取引できます。外国為替市場はどんな取引をしているのでしょうか。外国為替という名称を見ても分かりますが、外国為替市場では2つの国の通貨同士の交換をしています。

 

円とドルで考えると、アメリカからある商品を輸入する時の支払いに外国為替取引が関係してきます。外国為替市場で円高が進み、ドル円のレートが1円高くなった場合、それだけ円による支払いが少なくできることになります。外国為替市場で決まる為替レートは24時間休むことなく上下動しています。市場に関係する銀行や投資家のほか、輸出入関連の企業などもレートには関心を払っているのです。

 

 

 

 

 

FXは少額の資金を効率的に運用できる、最近人気の投資手段です。FXで最も大事なことが、外国為替のレートです。沢山の人が、FXに手を初めているようです。外国為替レートの行方によっては、FXは資金をまるごと失ってしまうこともあります。投資金は少なかったけれど、今では膨大な金額にまで増やしたという方もいます。FXを始める前にまずは外国為替レートなどについて自分なりによく必要な知識を得ておくことがとても重要です。

 

FXは、外国為替レートと切っても切れない関係にあります。では、外国為替のレートとは、どういった仕組みで決定されているのでしょう。レートが絶えず変動している国の外国為替は、外国為替市場での銀行取引によって為替の変動が決まります。現在のレートを幾らにするかは、話し合いなどで決まっているわけではなく、為替取引の内容によって決定します。

 

その国景気の動静や、国家間の貿易量、要人発言などで為替レートは動きます。固定相場を採用している国では、政府や中央銀行等が為替レートを管理しています。為替レートについて理解しておくことで、外国為替を利用したFX取引で利益を上げることができます。外国為替のレートは、毎日のニュースやネットの情報から調べることができますので、絶えず確認しておくことが重要になります。

 

 

 

小さな頃に毎年ラジオ体操をしていた人は多いでしょうが、ラジオ体操を利用したダイエットが近年関心を呼んでいるようです。人によっては、ラジオ体操の音が流れてくると、何となく体を動かしてしまうようです。ラジオ体操ダイエットは、家で気軽にできるラジオ体操を利用したダイエットです。そのためのDVDなども売り出されています。指先や足先まで意識を集中させてラジオ体操をすることで運動量が増しダイエット効果がアップします。

 

息の吸い方、吐き方にも注意し、鼻から吸って、口から吐くようにしましょう。体じゅうにある400もの筋肉を、ほんの3分ほどで動かすことができるのがラジオ体操の利点です。ラジオ体操は、ダイエットのみならず、肩こりや四十肩の解消にもよいとされています。ラジオ体操のあるべき方法を理解することができれば、体銃の筋肉を効率的に使う運動ができるようになります。

 

ラジオ体操はダイエットにいい運動です。ラジオ体操のそれぞれの動きには、背中のダイエットやバストアップ、ウエストが細くなるなどの効果が満載です。ラジオ体操を一式しっかりやると、呼吸を整えるのが難しいほどのきつい運動になるとされています。家庭で手軽にできるラジオ体操を毎日続けることができれば、ダイエットにいい影響が出るのではないでしょうか。

 

 

 

a1180_002938

 

腹筋運動をしてウエストダイエットをするという方法があるようです。腹筋は、お腹、わき腹、下腹の筋肉を鍛える運動によって、引き締まったウエストになるというものです。どんな人でも気軽に行うことができる腹筋運動は、とくに知識や技術はいらないものです。ダイエットを目的として腹筋運動に取り組んでいる人はたくさんいますが、自分の期待したウエストどおりに変化はあるのでしょうか。

 

腹筋といえば、多くの人が仰向けに寝た姿勢で足首を固定し、上体起こし運動を行います。この方法は腹部の筋肉を鍛える方法としては効率が悪く、逆に腰を痛めてしまう危険性があります。ダイエットが目的で腹筋運動をする場合におすすめの姿勢は、仰向けで膝を三角に曲げて、床に腰をくっつけるというものです。息を吐きながら、背中を半分ぐらい床から持ち上げる運動を行います。単純にまっすぐ持ち上げるだけではなく、上半身を丸めるような感じでゆっくり行うものや、上半身をねじるような感じで行うものもあります。

 

筋肉のどの部分を鍛えることができるかは、運動方法によって違うものです。ウエストダイエットの効率が高い腹筋をするには、動作をゆっくりと行うこと、筋肉の動きを意識しながら体を動かすことです。ダイエット効果を引き出すには、継続が重要です。三日坊主で終わらせないこと、長続きさせることがウエストダイエットでは重要です。

その他用品ルール

| 未分類 |

ユニホームのルール
・同じチームのプレーヤーは同色、同形、同デザインのユニホームを着ましょう。
・6インチ(15.2センチ)以上の大きさの背番号をつける。
・ユニホームと違う色のテープ、ボールと紛らわしい模様をつけてはいけない。
・ガラスのボタンやきらきら光る金属をつけてはいけない。

 

シューズのルール
・先端のとがったスパイクをつけたシューズを使用することは禁止です。
・かかとやつま先に怪我などの危険性がある特殊な部品をつけてはいけない。

 

ヘルメットのルール
・バッターは必ずヘルメットをかぶらなくてはいけない。プロ野球や大リーグでは基本的に方耳つきでアマチュアでは両耳つきが一般的であるが各団体にもよります。
・キャッチャーは守備中に防護用のヘルメットをかぶります。

 

商標のルール(プロ野球以外)
・プロ野球以外ではユニフォームに宣伝広告の布切れや図案をつけてはいけない。
その他の用具に関しても商標などの大きさに制限があります。

 

用品に関してはまずプレーするにあたっての安全が優先されていますので正しい道具を使ってルールを守り正々堂々と戦い気持ちのいいプレーをましょう。

 

 

野球はもともと素手でプレーしていたスポーツで、補球道具としてグラブをつけた選手が現れたのは1875年ごろで1895年ごろになって初めて制限されることになりました。

 

現在のルールではグラブ、ミットの重さや色についてはピッチャー以外自由ですは網や大きさには制限があります。

 

基本的に、バットやボールと同じように、一般に市販されているものであればまったく問題ありません。

 

スポーツ店にいくとさまざまな色のグラブが並んでいます。昔と比べるとかなりカラフルになったように思います。

 

しかし、注意しなくてはいけないのはピッチャーの使用するグラブの色です。
視覚的にバッターを惑わせないために、ピッチャーのグラブは縫い目も含めて全体が一色でなければいけません。
また、白とグレーは使用することも禁止されています。ボールの色と区別しずらくバッターがボールを見ずらくなってしまうからです。

 

購入するときに間違えないように気をつけましょう。
最近では女の子用にかわいいデザインのものも売っています。
ちなみにうちの娘はパパにピンクのグラブを買ってもらっていました。
息子はやっぱり黒です。
自分に合ったグラブを選んで野球を楽しんでくださいね。

 

 

バットのルール

| 未分類 |

バットにもいろいろな種類の物があります。

 

木製、金属製、複合(木片または竹の場合)の3種類があります。
プロ野球は木製のみの使用可となっていますがアマチュア野球では金属製や複合の使用が認められている団体もあります。

 

木製バットは丸い一本の棒でなめらかに作られています。
長さは42インチ(106.7センチ)以下で最も太い部分が2インチ4分の3(7センチ)以下と決められています。
実際プロが使っているバットは84センチ~86センチくらいですからそんなに長いバットはなかなかありません。

 

先端をえぐったカップバットは深さ、形、直径がルール内であれば使用できます。
グリップ部分は端から18センチまでなら滑り止めの加工をしても大丈夫です。

 

審判員にこれに適合しないバットを使用し、発見された場合は使用を禁止されるだけで、アウトになったり、退場になったりということは」ありません。

 

しかし、飛距離を伸ばすために改造をした場合は厳しい処分を受けることになるでしょう。
決して使用しないようにしましょう。

 

正しいバットを使用しバッテイング練習をしっかりやって飛距離を伸ばしたり、楽しい野球をしていきましょう。

 

 

ボールのルール

| 未分類 |

a0777_000002

 

野球には軟式と硬式があります。

 

大きな違いとしてはまずボールが違います。

 

硬式用のボールはコルク、ゴムなどの芯に糸を巻きつけ、白い牛革あるいは馬革で包み、糸で縫い合わせて作られています。

 

日本のプロ野球では牛革製を使用しています。

 

重さは141.7~148.8グラム、周囲は9~9インチ4分の1が決まりで数値に幅があります。

 

ルール適合でも微妙に差があるので、日本とアメリカでよくボールが違うと言われるのはこのためです。オリンピックで使用された硬式ボールも大リーグ、日本のプロ野球、韓国のプロ野球で使用されたものとは微妙に違っていたようです。

 

軟式のボールは5種類あって、日本で作られている軟式のボールはゴム製でA.B.C.D.H号です。

 

A号は一般用で、BCD号は少年野球用の中空ボール、H号は一般用の準硬式ボールです。

 

A号:直径71.5~72.5 重量134.2~137.8 反発85.0~105.0
B号:直径69.5~70.5 重量133.2~136.8 反発80.0~100・0
C号:直径67.5~68.5 重量126.2~129.8 反発65.0~85.0
D号:直径64.0~65.0 重量105.0~110.0 反発65.0~85.0
H号:直径71.5~72.5 重量141.2~144.8 反発50.0~70.0

 

 

走塁のルール

| 未分類 |

打者がボールを打った後フェアであれば一塁に向かって走ります。その際は本塁と一塁の中間地点から一塁側半分にに設けられたスリーフィットレーンを走らないといけません。

 

これは走塁による守備を妨害しないためにあるルールなので守備の妨害にならないように走るのならばスリーフィットレーン外を走ってもかまいません。

 

塁に出た走者は塁から離れた状態でタッチされたらアウトになりますが、ヒットを打った後1塁を走り抜けることは許されています。
二塁、三塁を走り抜けてしまった場合はタッチされたらアウトになります。
しかし一塁から二塁に行こうとして走り抜けた場合は塁から離れたらタッチでアウトになります。
これをオーバーランと言います。

 

打 者がフライを打ち上げた場合はそのボールを守備側の選手がノーバウンドで補球するその瞬間塁上の走者はフライを打ち上げる前にいた塁にふれていないといけ ません。もし打者がボールを打った瞬間に走り出してしまっていたら塁に戻るまでの間に体か前にいた塁にタッチされてしまったらアウトになります。
なのでフライの場合は元にいた塁にいちど戻らなければいけません。

 

 

打者のルール

| 未分類 |

打者はバッターボックスの中から打つように決められています。
たとえ、片足でもボックスからはみ出してはいけません。
ただし、ボックスのライン上なら大丈夫です。
また、バントの時など打球に飛びつくようなかんじで打ちますが、打ったときに足が地面についていなければ問題ありません。
バッターボックス外の地面に足がついた状態で打ってしまったら打球がフェアかファールでも打者はアウトになります。

 

あと打順は試合前に決められた順番を守らなければいけません。
もし、打撃順とおりに打たなければ・・・
・打撃後に指摘された場合は打撃がたとえホームランだったとしてもアウトになります。ただし、アウトになるのは打った選手ではなく、間違えられた打っていない選手です。
例えば、6番打者が打つべき場面で7番打者が打ってしまった場合は6番打者がアウトになり、7番打者が引き続き打席にたつことになります。
・バッターボックスに打者が入っただけの状態、あるいは誤った打者の打撃中に指摘された場合はそのままの状態で正しい順番の打者と交代します。

 

前者の場合は必ず打者がアウトになるので、相手チームの間違えに気がついたらそのバッターの攻撃が終わるまで黙っていたほうが得策になります。