捕手(キャッチャー)はピッチャーの投球を受ける選手のことです。

 

捕手に向かっては様々なボールが高速で飛んでくるので、怪我の危険から身を守るために専用の防御具を身につけます。

 

顔面を守るものをマスク、上半身(胴体)を守るものをプロテクター、ひざとすねを守るものをレガースといいます。

 

ピッチャーとキャッチャーの2選手のことをバッテリーといいます。

 

 

内野手はバッターが打ったボールを内野で守る4人の選手です。
一塁手をファースト、二塁手をセカンド、三塁手をサード、遊撃手をショートと言い、「インフィールダー」とも言います。

 

内野手の範囲に飛んできた打球をエラーしなくてもアウトに出来なかったヒットのことを内野安打といいます。

 

外野手は外野のライト(右翼手)センター(中堅手)レフト(左翼手)の3人を言い、「アウトフィールダー」とも言います。

 

バッターとはピッチャーが投げたボールを打つ選手のことで打者ともいいます。
試合前に提出された打順表にしたがって9人の選手が順番に打ちます。
本塁左右に設けられたバッターズボックスの中からバッティングを行います。